飲料

自動販売機設置の良さは管理のしやすさと費用の安さがポイントである

スペースの有効活用

ペットボトル

近年、消費税の値上げなどにより家計が圧迫されています。それにより、自販機を設置を行なう人が増加傾向にあります。自販機の設置をしようと考えた時、はじめに行なうことが自販機設置業者の選定です。そして、業者が見つかれば自販機の設置スペースを確保します。ほとんどの場合が、オフィス内にあるデットスペース部分に自販機を設置して、社員が好きな時に好きな飲み物を購入出来るようにすれば、快適な労働環境作りの一環とも言えるでしょう。この時、空いているスペースが小さいと設置を諦めてしまうこともあります。しかし、最近では狭いスペースでも設置出来るようなスリムなタイプの自販機が登場しています。大きなタイプの自販機と比較すると取り扱える商品の品数は劣ります。しかし、人気商品を取り扱うことで利益に大きな差はありません。なので、空いているスペースを有効活用して社内の環境を良くすることが出来ます。

自販機の形態はスリム化が進んでいます。しかし、一方で大きなタイプの自販機もあるのです。なぜ、大きさが違うのかというと、商品数の取り扱い量以外にも機能性が異なります。大きなタイプの自販機は、バリアフリー機能がついていたり、緊急時に飲料を提供することが出来る機能がついていたりします。また、自動的に商品を搬出することも可能です。設置スペースに余裕がある場合は、このような機能性が優れている自販機の設置を検討しても良いでしょう。震災以降、防災意識が高まっているので、緊急時に対応可能な自販機は設置台数が増えています。しかし、業者によっては、対応していない場合もあるので注意しましょう。